TOP > オンラインマニュアル > サーバーのコントロールパネルにはどんな機能がありますか?
>インターフェースの選択

お客様種別によりできることと設定



●パスワードの変更 (Aタイプ)

パスワードは必ずご自分のわかりやすいものに変更してお使いください。
初期パスワードの亡失につきましては再発行手数料がかかります。
メールアカウント及びFTPアカウントは同じID・パスワードとなります。
ブラウザのアドレス欄に
http://お客様のサイト名/admin
と入力してください。
※"admin"でも"login"でも同じ画面にログインを行います。
※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。

アクセスするとログイン画面が表示されます。
「ユーザ名」に"admin"
「パスワード」には設定されたパスワードを入力します。

「セキュア接続」にチェックを入れて「ログイン」をクリックします。

※「セキュア接続」は管理画面にログインする際にSSL(Secure Socket Layer)を利用し、
データを暗号化して接続を行うものです。


  • サイトの管理画面が開きますので修正したいユーザのリスト右側にある鉛筆マークをクリックします。

    ※右側にボタンがありますが誤って押さないで下さい!実行しますとユーザが削除されてしまいますのでご注意ください。
    (管理用アカウントを削除された場合は弊社による再設定作業=有料=が必要になります。)


  • ”ユーザを修正”画面が開きますので4行目に新しいパスワードを入れ、5行目で確認のため再度パスワードを入力したのちに
    一番下にあるボタンを押します。 もし間違った場合はを押せば前の画面に戻ることができます。
    ※この作業はユーザごと(アカウントごと)に行うことになります。 ユーザの中でマークがついているユーザはadmin権限です。

  • ●パスワードの変更 (Bタイプ)

    パスワードは必ずご自身のわかりやすいものに変更してお使いください。初期パスワードの亡失につきましては再発行手数料が
    かかります。
    1. ブラウザに"http://お客様サイトURL/personal"と入力します。
      ※URLがwww1.masterweb.ne.jp/~testの場合  →  http://www1.masterweb.ne.jp/personalとなります。
      ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。
    2. 下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDを、パスワードは弊社が最初に発行したものを
      入れてください。
      よく使う機能ですのでブックマークするとともに”
      このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと
      便利です。



    3. ”個人情報”画面が開きますので、新しいパスワードを入力してください。
      確認のため再度パスワードを
      入力したのちに一番下にあるボタンを押します。


    ●FTPアカウント/メールアカウントの追加(Aタイプ)

    ※ご契約のコースにより追加上限数があります。 コースによっては追加できない場合もございます。
    ※FTPアカウント及びメールアカウントは同時にWEBスペースを割り当てるということでもあります。
    この事をご理解の上で設定を開始してください。
    ※WEB領域構造

    上記のようにお客様がユーザ(xxx、xxx2)を作成すると、その直下にも”web”が作成され、そこに下記で設定する”氏名”でindex.html ファイルが自動生成されます。(他のものに置き換えて結構です)
    1. ブラウザに"http://お客様サイトURL/siteadmin"と入力します。
      ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。
    2. 下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDとパスワードを入れてください。
      よく使う機能ですのでブックマークするとともに”このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと便利です。
    3. サイトの管理画面が開きますのでユーザのリスト上部中央右側にあるをクリックします。
      ※ユーザを追加すると同時に
      そのユーザ名でWEBスペースが
      割り当てられます。
      (FTPで接続しますと”users”フォルダの中に作成したユーザ名で新しくフォルダが作成されます)
      このスペースは基本的にメールBOXとしてご利用するようにお願いしています。
      ユーザの中でマークがついているユーザはadmin権限です。
    4. ”ユーザを追加”画面が開きますので各種設定を行います。
      ※この設定は注意を要しますので下記をご参照の上ご設定ください。


    5. 各設定項目の説明と注意点

      @氏名
      任意のお好きな名前を入れてください。ここに入力した名前は ”ユーザのリスト””index.html”に反映されます。
      Aよみがな
      氏名の読み仮名を入力します。必須ではありません。
      Bユーザ名
      新しく追加するユーザ名を入力します。そのユーザのウェブサイト アドレスと電子メールアドレスの一部としても
      使われます。

      「URL」http://お客様のサイト名/~ユーザ名
      「メールアドレス」ユーザ名@お客様のサイト名

      このユーザ名は、必ず最初弊社が管理用としてお客様に割り当てた ユーザ名と同じ連番または法則で
      お付けください。

      (例) 初期管理用アカウント test0000の場合
      test0001〜test9999の間で振り当てる また メールアドレスが”ユーザ名@お客様のサイト名”となって
      しまいますので、ユーザ名そのものを弊社が割り当てたものを 使わず、お客様自身が決めることを固く禁じます。これは共用サーバ のため、同じサーバにいる他のお客様がそのアドレスの一部をご利用できなくなってしまう
      ためです。 お好みのメールアドレスは”メールエイリアス”を使って設定して ください。
      Dパスワード
      任意のパスワードを入れます。
      Eパスワード確認
      確認のため再度パスワードを入力します。
      F最大許容ディスク容量
      このユーザに対しての許容ディスク容量を割り当てます。
      お客様がご契約されているWEB容量内であれば自由に割り当てが できます。
      Gサイト管理者
      このユーザにサイトのadmin権限を持たせる場合これをONとします。
      ユーザの中でマークがついているユーザはadmin権限です。
      H電子メールエイリアス設定
      メールエイリアスを設定します。


      (別項で説明) 以上完了しましたら下にあるボタンを押します。
      もし間違った場合はを押せば前の画面に戻ります。

    ●お客様電子メール転送、自動応答の設定(Aタイプ)

    1. ブラウザに"http://お客様サイトURL/siteadmin"と入力します。
      ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。
    2. 下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDとパスワードを入れてください。
      よく使う機能ですのでブックマークするとともに”このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと便利です。
    3. サイトの管理画面が開きますので上部にあるをクリックします。
    4. ”電子メールの設定”画面が開きますので下記の要領で各種設定をします。

      各設定項目の説明と注意点

      @電子メールの転送先
      ここで設定したアドレスにメールを転送します。サーバにはメッセージは保存されません。
      A電子メールエイリアス
      エイリアスを使って自由に・無制限にメールアドレスを設定できます。
      (例)サイトURLが www.abc.com、 のとき、ここに taro と入力すると、このユーザは taro@www.abc.com 宛の
      電子メールを受け取ることができます。 独自ドメインの場合、サーバ側で”www”を無視する設定にしていますので、実質メールアドドレスは”taro@abc.com”となります。
      エイリアスには、半角の英小文字、数字、ハイフン、ピリオド、アンダースコア ( _ ) のみが使えます。 複数のエイリアスを入力する場合には、一つ毎に改行するか、半角の空白文字で区切ってください。
      ※メールアドレスは必ずエイリアスを設定してください。 メールはユーザ名(アカウント名)でも受け取れますが、
      セキュリティ上必ずエイリアスでの設定をお勧めします。
      また ”ユーザ名@お客様のサイト名”となってしまいますので、
      ユーザ名そのものを弊社が割り当てたものを使わず、お客様自身が 決めることを固く禁じます。
      これは共用サーバのため、同じサーバにいる他のお客様がそのアドレスの一部を
      ご利用できなくなってしまうためです。  
      (例) お客様がユーザ名”info”を設定した場合、
      その同じサーバにい るお客様が”info”というアドレスを使えなくなってしまいます。
      B不在時自動応答メッセージ
      電子メールを受信したとき、何らかのメッセージを自動的に返信した い場合には、このボックスをチェックして
      、応答メッセージの内容を 入力してください。休暇や出張などでしばらく電子メールを読めないときや、
      電子メールの受信を通知したいときなどに便利です。

      設定が終わったら一番下にあるボタンを押します。
      もし間違った場合はを押せば前の画面に戻ることができます。
      

    ●ユーザー設定の修正(Aタイプ)

    ブラウザに"http://お客様サイトURL/siteadmin"と入力します。
    ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。
  • 下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDとパスワードを入れてください。
    よく使う機能ですのでブックマークするとともに”このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと便利です。

    サイトの管理画面が開きますので修正したいユーザのリスト右側にある鉛筆マークをクリックします。

    ※右側にボタンがありますが誤って押さないで下さい。実行しますとユーザが削除されてしまいますのでご注意ください。
    (管理用アカウントを削除された場合は再設定作業が必要になります。)



    @氏名、よみがな
    ユーザの氏名を入力します。よみがなはユーザの表示順序が決まります。
    A新しいパスワード
    任意のパスワードを入力します。
    B最大許容ディスク容量
    ウェブページファイル、電子メールメッセージなどのユーザファイルの保存に使います。
    Cサイト管理者
    admin権限を与えることができます。
    Dサスペンド
    この項目をチェックすると、このユーザは自分のウェブページ、FTP、電子メールのウェブアクセスなどの
    サービスにアクセス出来なくなります。 サスペンドされたアカウントへ送信されたメールは拒絶され、
    メール送信者にはエラーメッセージが送信されます。

    E電子メールエイリアス
    エイリアスを使って自由に・無制限にメールアドレスを設定できます。
    (例)サイトURLが www.abc.com、 のとき、ここに taro と入力すると、このユーザは taro@www.abc.com 宛の電子メールを
    受け取ることができます。 独自ドメインの場合、サーバ側で”www”を無視する設定にしていますので、
    実質メールアドドレスは”taro@abc.com”となります。
    エイリアスには、半角の英小文字、数字、ハイフン、ピリオド、アンダースコア ( _ ) のみが使えます。
    複数のエイリアスを入力する場合には、一つ毎に改行するか、半角の空白文字で区切ってください。
    ※メールアドレスは必ずエイリアスを設定してください。 メールはユーザ名(アカウント名)でも受け取れますが、
    セキュリティ上必ずエイリアスでの設定をお勧めします。 また ”ユーザ名@お客様のサイト名”となってしまいますので、
    ユーザ名そのものを弊社が割り当てたものを使わず、お客様自身が 決めることを固く禁じます。
    これは共用サーバのため、同じサーバにいる他のお客様がそのアドレスの一部をご利用できなくなってしまうためです。  
    (例) お客様がユーザ名”info”を設定した場合、
    その同じサーバにい るお客様が”info”というアドレスを使えなくなってしまいます。
    F電子メール転送
    有効にすると、以後受信されたメールは自動的に指定先アドレスに転送されます。
    コピーを保存するにチェックすると、サーバにメールが保存されます。
    G不在時自動応答メッセージ
    電子メールを受信したとき、何らかのメッセージを自動的に返信した い場合には、
    このボックスをチェックして、応答メッセージの内容を 入力してください。
    休暇や出張などでしばらく電子メールを読めない ときや、電子メールの受信を通知したいときなどに便利です。
      

    ●お客様電子メール転送、自動応答の設定(Bタイプ)

    1. ブラウザに"http://お客様サイトURL/personal"と入力します。
    ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。

    2. 下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDとパスワードを入れてください。
    よく使う機能ですのでブックマークするとともに
    ”このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと便利です。

    3. ”個人情報”画面が開きますので左側のをクリックします。


    4 .電子メールの設定画面が開きますので下記要領で必要項目を設定します。

    各設定項目の説明と注意点

    @電子メールの転送先
    ここで設定したアドレスにメールを転送します。サーバにはメッセージは保存されません。
    A不在時自動応答メッセージ
    電子メールを受信したとき、何らかのメッセージを自動的に返信した い場合には、
    このボックスをチェックして、応答メッセージの内容を 入力してください。
    休暇や出張などでしばらく電子メールを読めない ときや、電子メールの受信を通知したいときなどに便利です。
    設定が終わったらボタンを押します。

    ●ディスクの使用状況の確認(Bタイプ)

    1. ブラウザに"http://お客様サイトURL/personal"と入力します。
    ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。

    2.下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDとパスワードを入れてください。
    よく使う機能ですのでブックマークするとともに
    ”このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと便利です。
    3. ”個人情報”画面が開きますので左側のをクリックします。

    4 .ディスクの使用状況画面が開きますので確認してください。

    ※ディスク容量に注意しましょう。

    容量がフルになるとファイル転送ができなくなる他、サーバにも 悪影響を及ぼします。
    容量はなるべく90%以内でお使いいただく よう心がけてください。 また、アクセスログ等の容量もWEB容量に含まれます。
    ※WEB容量と実際使用している容量に大幅に差がある場合は弊社に ログ削除依頼(無料)をお申し付けください。

    ●簡易メーリングリストの作成(Aタイプ)

    ※あくまでも簡易機能ですので大規模なものはご遠慮下さい。
    ※サーバ負荷が高い場合一時的に動作しない場合もあります。
    ※安定したMLを運用される場合は別途弊社サービスがございます。

    1. ブラウザに"http://お客様サイトURL/siteadmin"と入力します。
    ※ブラウザ側でプロキシ設定をOFFにしておいてください。

    2. 下記のような画面が表示されますので”ユーザ名”にお客様IDとパスワードを入れてください。
    よく使う機能ですのでブックマークするとともに
    ”このパスワードを保存する”の欄にチェックを入れておくと便利です。

    3. サイトの管理画面が開きますので左側のをクリックします。

    4. ”メーリングリスト”画面が開きますのでを押します。
    タブを押すと下記の画面になります。(設定の初期画面もここになります。)
    リスト名を入力して下さい。
    @リスト名
    半角英数で任意の名前を付けます。このリスト名(アドレス)宛に送られた電子メールは、
    メーリングリストの購読者全員に配信されます。
    タブを押すと下記の画面になります。(リスト名を入力しないと、エラーが出て、この画面になりません。)
    A登録ユーザ
    購読中のユーザ数が表示されます。ユーザを増やしたい場合はを押して下さい。
    詳細な説明は下記をご参照ください。
    B外部受信者
    メーリングリスト宛の電子メールは、登録ユーザおよびここで指定する外部受信者に転送されます。
    複数のアドレスを入力するには、
    改行するか、半角の空白文字で区切ってください。
    を押すと、下記画面になります。

    C登録ユーザ受信者
    既にこのサイトで作成されたアカウントの中でこのメーリングリスト宛 の電子メールを受け取るユーザを選択できます。
    タブを押すと下記の画面になります。
    Dリスト管理者
    このメーリングリストの全ての管理業務を行っているユーザの電子メールアドレスを入力します。
    Eパスワード
    管理者パスワードを指定します。電子メールを使ってリスト管理業務を行う際に必要になります。
    F投稿ポリシー
    購読者のみが投稿できる
    このメーリングリストのメンバーのみがメッセージを投稿できます。
    全てのユーザが投稿できる
    電子メールアドレスを持っていて、このメーリングリスト名を知っているユーザは誰でも投稿できます。
    リスト管理者の許可が必要
    メーリングリスト宛のメッセージのうち、リスト管理者が許可したメッセージだけがリストに掲載されます。
    G購読ポリシー
    解放
    どのユーザでも自由に購読できます。
    確認
    購読には電子メールによる確認が必要です。
    限定
    購読にはリスト管理者の許可が必要です。
    H最大メッセージサイズ
    メーリングリスト宛に送信されるメッセージの最大サイズを指定します。
    指定サイズを超えるメッセージは受信を拒否されます。
    I返信ポリシー
    リスト宛てに返信
    メーリングリスト宛に送られ、購読者全員に送られます。
    投稿者宛に返信
    メッセージの投稿者のみに送られます。

    以上設定が終わりましたらを押し、で保存します。
    もし間違った場合を押せば前の画面に戻ることができます。

    ●WEB使用状況確認/簡易解析機能(Aタイプ)

    この機能を使って以下のことができます。
    • WEBサービスの利用状況、簡易アクセスログ解析
    • FTPサービスの利用状況、簡易アクセスログ解析
    • メールの利用状況
    • 各種ログファイルのダウンロード
    • サイトのディスク使用率統計
    ※あくまでも簡易的なものですので詳細な解析は専用のソフトなどをお使いください。

    1. コントロールパネルログイン後、をクリック

    2. 初期表示はWEBの解析画面が表示されます。
    3. ”ウェブコンテンツを要求したコンピュータの数”がアクセス数に相当します。
    4. ”転送されたバイト数”がいわゆる転送量です。正確な全体の転送量はWEB+FTP+メールの合計となります。
    5. 上部の切り替えボタンで各サービスのレポートを切り替えます。


    ●匿名FTPの設定/SSLの設定(Aタイプ)

    双方ともオプションの独自IP(グローバルIP割り当て)が必要です。
    この機能を使って以下のことができます。
    • 匿名 (Anonymous) FTPの着信ユーザ数制限など
    • FTPサービスの利用状況、簡易アクセスログ解析
    • SSLセキュアサービスディジタル証明書の利用設定 (日本ベリサイン社などとの契約が必要となります。)
    1. コントロールパネルログイン後、またはをクリック
    2. 各サービスの設定をします。
    ※SSL設定等の代行・サポートはできませんのでご了承ください。

    ●バックアップの設定(Aタイプ/Bタイプ共通)

    サーバ標準のバックアップ機能は操作上手軽で簡単ですが、データ の同期・復元に失敗する例が多発しております。
    従いましてこの機 能はお使いにならず、お客様自身で定期的にFTPによるバックアップ を行ってくださいますようお願い致します。
    もしこの機能をご利用になる場合はお客様の自己責任でお願いいたします。
    弊社では個別のデータ保証はしておりませんのでご了承ください。 必要であれば別途サポート契約でお引き受けいたしております。
    Copyright(c)1999-2004 Masterweb.All Rights Reserved 会社概要  運営方針・規約  プライバシーポリシー