[会社概要] [特定商取引に関する法律の表記] [運営方針・会員規約] [禁止事項・運用ガイドライン]
[プライバシーポリシー]

●運営方針

弊社はお客様との信頼関係を大切にし、広くインターネット技術の進歩のための学習・開発環境を低価格で提供することにより
社会貢献に尽力してまいります。 お客様との信頼関係を築き、よりよいサービスをご提供するため以下のことを実践いたします。
  1. お客様のご相談は積極的にお受けいたします。
  2. 「できる!」を前提に行動いたします。
  3. お客様参加型のサービス研究をいたします。 なお下記会員規約のほかに禁止事項・ガイドラインも必ずご参照ください。
●禁止事項・ガイドライン

●MASTERWEB会員規約

2001.3.25 株式会社ザ・ブレインmasterweb事業部(以下「masterweb」という)は、会員規約(以下「本規約」という)を
以下の通りに定めます。

第1章 総則


第1条(サービス)

「masterwebサービス」とは、masterwebが提供する「会員制インターネットサービス」のことをいい、以下の各サービスを指します。

当社サーバのディスクスペースレンタルサービス。(以下ホスティングサービスという)
当社契約のデータセンター内でのお客様サーバお預かりサービス(以下ハウジングサービスという)
主に独自ドメインを利用した電子メール送受信機能レンタルサービス(以下メールサービスという)
独自ドメイン登録代行及びお預かりサービス(以下ドメインサービスという)
ドメイン名移管サービス
ホームページ制作サービス
サーチエンジン登録サービス
サーバ運用サービス
ネットワーク販売・保守サービス
機器およびソフトウェア販売・リース・レンタルサービス
ISP接続・ネットワーク関連商品取次サービス
ASPサービス
その他付帯・関連サービス
「会社名.co.jp(会社名.com)」などのco.jpあるいはcom以外のトップレベルドメイン(gr.jp、or.jp、net、orgなど)による
ドメイン名を会員自身の一貫した手続きで取得された場合においても上記サービスに付帯する弊社の管理業務は
発生しサービス提供は成立するものとします。
会員は、masterwebHP上において公開するCGI・フォーム等のサービスも利用できるものとします。
その他利用可能なサービス及びサービスの詳細に関してはmasterwebのホームページ上の表記に従います。

第2条(本規約範囲)

本規約は、会員が利用するの一切のサービスに適用します。 第1条に定めるサービスの内容については、
masterwebのホームページの記載によります。 本規約は予告なく変更できるものとし、この場合のサービス利用条件は変更後の
会員規約に従うものとします。 変更された規約はmasterwebホームページ上に掲載するものとし、変更内容がサービスの根底に
関わる場合、masterwebが相当と判断する方法で、会員に通知するものとします。


第2章会員資格


第3条(会員資格)

会員資格は、第1条に定める各サービス毎に与えられ、複数の会員資格を取得することが可能です。
異なるドメイン名で同一のサービスを複数申し込む場合は、全て別契約とします。
会員資格は、masterwebが定める手続きに従って申込をし、masterwebが発行する各サービスのアカウントを取得した時点で
与えられ、これをもって各サービス利用契約が成立するものとします。 会員とは、第1項の会員資格を与え第られた個人及び
法人のことをいいます。

第4条(変更の届出)

会員はmasterwebへの届出内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法で変更の届出をするものとします。
会員において相続又は合併があったときは、相続人又は合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人は、
会員の地位を承継します。この場合、会員の地位を承継したことを証明する書類を添えて、速やかに所定の方法で
masterwebに変更の届出をするものとします。 前項の場合、相続により会員の地位を継承した者が2人以上あるときは、
速やかにそのうちの1人を代表者と定め、書面によりその旨を通知するものとします。この代表者の届け出がないときは、masterwebが代表者を指定し、当該代表者宛に各種の通知を行うこととします。 masterwebは、会員が前各項の届出を
行わない限り、現在届け出ている連絡先を会員の現在の有効な連絡先とみなし、当該連絡先へ各種の通知を行います。
会員が本条に定める変更の届出を怠り、これにより会員が不利益を被ったとしても、masterwebは一切その責任を負いません。

第5条(会員資格の取消)

masterwebは、下記各項に該当する場合、相当の期間を定めて催告をし、相当期間経過後もなお債務の履行または
その違反の是正がなされない場合には、サービスを停止しまたは会員資格を取消すことができるものとします
1) masterwebが提供する各サービスについて、その利用料金等の支払を怠った場合
2) 個人の会員が権利無能力者である場合または権利無能力者となった場合で、法定代理人等による記名押印がなされた
同意書または追認書の提出がない場合
3) 本規約、または、masterwebが別途定める規約等及び法令等に違反した場合 masterwebは会員が下記各項に該当する場合、
事前に通知若しくは催告することなく、直ちにサービスの停止または会員資格の取消をすることができるものとします。

1) 入会申込の登録事項において、虚偽の記載、誤記、未記入があった場合
2) masterwebの規約等の違反により、masterwebが提供する各サービスの利用の停止、若しくは過去に会員資格の取消処分を
受けていた場合
3) 会員が利用料金等の支払の手段として指定したクレジットカードや預金口座の利用がクレジットカード会社、
及び金融機関等により停止させられた場合
4) 仮差押、差押、競売、破産、和議開始、会社更生手続開始、民事再生手続開始、会社整理開始等の申立があった場合、
または、公租公課等の滞納による処分を受けた場合
5) その他、masterwebが会員として不適当と判断した場合 前各項により会員資格が取り消された日が、
第6条に定める最低利用期間を経過していない場合は、第6条第3項より第6項を適用するものとします。
前各項の場合、会員は、期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料金等masterwebに対する
債務の全額をmasterwebの定める方法で一括して支払うものとし、当該支払については別途masterweb料金規定
(以下「料金規定」といいます。)に従うものとします。 第1項及び第2項によるサービスの停止または会員資格の取消に伴う
会員の損害等について、masterwebは一切責任を負いません。

第6条 (利用期間と退会手続)

masterwebサービスの最低利用期間は第1条「masterwebサービス」のいずれかの開始から1年間とします。
但し、別途特別に利用期間を設ける場合はこの限りではありません。 会員が任意に退会する場合は、退会を希望する日の
3ヶ月前までにmasterwebの定める方法で届出をしなければなりません。 前項の退会日が最低利用期間を経過していない場合は、会員は、退会日から最低利用期間満了日までの月額利用料金を一括して支払わなければなりません。
会員が、第1条第4項「ドメインサービス」を受けたにもかかわらず、その後半年以内に第1条に定めるその他の
サービスを利用せずに退会する場合は、第9条第6項及び第7項に加えて料金規定に定める関連項目が適用されます。 masterwebは会員の退会に伴う利用料金その他の受領済料金の払い戻し等は行いません。 退会する場合、当該退会時点に
おいて発生している利用料金その他会員の債務の履行は料金規定に基づいてなされるものとします。
尚、料金規定に定めのない事項については、会員はmasterwebの請求に従うものとします。


第3章 サービス


第7条(サービス提供の場所と設備の場所)

会員が利用できるサービス提供場所及び設備の場所は、masterwebが別途定めるところによります。

第8条(設備の準備等)

会員はmasterwebサービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を
自己の費用と責任をもって準備し、任意の電気通信サービスを経由して、masterwebサービスの設備へ接続を行うものとします。
ただし、各サービスごとに別途定めがある場合はこの限りではありません。

第9条(ドメイン名について)

第1条「ドメインサービス」により割り当てられたドメイン名は社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
(以下、JPNICといいます)及びNetwork Solutions Inc.等のgeneric Top Level Domain(以下、gTLDといいます。)
登録業者(以下gTLDレジストリーといいます)がそれぞれ割当てるものであり、会員はドメイン名の利用について、
JPNIC及びgTLDレジストリーが定める規定等に従うものとします。 会員はドメイン名の登録・管理及び廃止に関して、
masterweb、JPNIC及びgTLDレジストリーが要求する全ての書類及びmasterwebが定める料金等をmasterwebに提出しなければ
ならないものとします。尚、書類に不備がある場合、masterwebは代行申請を一時停止し、一定の期限を定めて書類の再提出を
要求します。期限内に要求する書類の再提出がない場合は代行申請そのものを中止します。この代行申請の停止または中止に
伴う会員の損害に関して、masterwebは一切責任を負いません。 会員が第2項にある定めに従い、ドメイン名の登録、
管理及び廃止を求めた場合、masterwebは合理的に可能な範囲内で迅速に受付・代行申請を行うものとします。
会員は第1条「ドメインサービス」により割当てられたドメイン名でmasterweb以外のサーバーを利用する場合は、
第1条「ドメイン名移管サービス」が必要となります。 会員はJPNICによるドメイン名の割当後6ヶ月を経過しても、
第1条「masterwebサービス」のうちのいずれのサービスも利用していない場合は、masterwebが当該ドメイン名の廃止手続を
行うことに同意するものとします。また、この手続に伴いJPNICが要求するすべての書類の提出及び料金の負担をすることに
同意するものとします 会員はgTLDレジストリーによるドメイン名の割当後6ヶ月を経過しても、第1条「masterwebサービス」のうちのいずれのサービスも利用していない場合は、masterwebが当該ドメイン名の廃止手続を行うことに同意するものとします。
また、この手続に伴いgTLDレジストリーが要求するすべての書類の提出及び料金の負担をすることに同意するものとします。
会員が負担すべき費用の未払いがある場合、JPNIC及びgTLDレジストリーにより当該ドメインが抹消されることがあります。 JPNIC及びgTLDレジストリーによりドメイン名が抹消されたことをもってmasterwebにその存在を主張することはできないものと
します。また、当該ドメイン名の抹消により会員に生じた損害について、masterwebは一切責任を負いません。
本条における料金とは料金規定に定める料金をいいます。 会員は、「ドメインサービス」により取得したドメイン名に関する
全ての紛争は、JPNICまたはICANN(インターネットにおけるドメイン管理を行なう団体)が定めるドメイン名紛争処理方針に従って処理されることに同意します。 前項の紛争が第三者との間で生じた場合、当該紛争処理方針に従い当社は紛争に一切関知しないものとし、会員は自己の費用と責任をもって紛争の解決にあたるものとします。

第10条(利用料金)

masterwebサービスの利用料金等に関する事項ついては、料金規定によります。


第4章 サービスの停止


第11条(サービスの停止)

masterwebは以下の事由が生じた場合、提供するサービスの全部若しくは一部を停止することがあります。
1) 天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、「電気通信事業法」第8条にさだめる処置を取る場合
2) 上記@の法律上の要請の如何に拘らず、天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合
3) masterwebおよび弊社契約の電気通信設備及びシステムのメンテナンス等によりやむを得ない事由が生じた場合
4) masterwebが契約している電話回線に問題が発生した場合
5) 法令等による規制、命令が発令された場合
6) その他masterwebが必要やむを得ないと判断した場合 masterwebは前項に基づくmasterwebサービスの提供の中断・停止に
よって生じた会員の損害については責任を負いません。

第12条(設備の修理及び復旧)

masterwebサービスの利用中に会員が弊社の設備若しくはサービスに異常を発見したときは、会員は会員自身の設備等に
故障がないことを確認の上、masterwebに修理若しくは復旧の旨の請求ができるものとします。 masterwebの設備もしくは
サービスに障害を生じ、又はその設備が滅失したことをmasterwebが知ったときは速やかにその設備を修理、
復旧するものとします。

第13条(サービスの変更・廃止)

masterwebは営業上、その他の理由により、masterwebサービスの内容を変更及び廃止することがあります。
この場合は、弊社が相当と判断する手段を通じて事前に当該サービスを利用する会員に対し連絡するものとします。


第5章 情報の取扱


第14条(アカウント、パスワード、IPアドレス)

会員はmasterwebより一時的に付与されたIPアドレス、ID、パスワード、及び第1条「ドメインサービス」に定める、
独自ドメイン名登録サービスにより割当てられたドメイン名(以下「ID等」といいます。)について、自己の責任をもって
管理するものとします。 会員のID等の管理が不十分であったこと、使用上の過誤その他会員の過失により問題が発生したとしても、masterwebは責任を負いません。 会員は、ID等を失念した場合または盗用された場合は、
速やかにmasterwebに連絡するものとします。

第15条(個人情報の取扱)

masterwebは、会員の個人情報をサービスの提供以外の目的のために利用しないとともに、第三者に開示,提供しないものとします。また、電気通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守ります。ただし、次の場合はこの限りでありません。
1) 法令に基づき裁判所その他の司法機関及び行政機関から会員に関する情報等の開示を要求された場合
2) その他会員が承諾した場合 masterwebは、設備の故障・停止等の対応のため、会員の登録したデータを複写し、
これをバックアップデータとして保管することができるものとします。

第16条(著作権等)

会員は権利(著作権、商標権、その他知的財産権を含む)者の許諾を得ず、いかなる方法においても、
masterwebの提供する情報、著作権法で定める私的使用の範囲外の使用はできません。
会員は権利(著作権、商標権、その他知的財産権を含む)者の許諾を得ず、いかなる方法においても、
masterwebの提供する情報の使用・公開をすることはできません。 本条の規定に違反して問題が発生した場合、
会員は、自己の費用と責任をもって解決し、masterwebは一切関知第しないものとします。

第17条(情報の削除)

masterwebは以下の場合、会員に通知することなく、会員の書き込んだ情報を削除することができるものとします。
1) 会員が第18条に定める禁止行為に該当するとmasterwebが判断した場合
2) 登録された情報が所定の容量を超過した場合 3) その他masterwebが社会通念に従って情報削除の必要があると
合理的に判断した場合 前項は、masterwebの情報の監視・削除義務を規定するものではありません。
masterwebが情報を削除したこと若しくは削除しなかったことがmasterwebの故意または重大な過失によるものでない限り、
会員あるいは第三者が被った損害について、masterwebはその責任を負わないものとします。

第18条(禁止行為)

会員はmasterwebサービスの利用にあたり、下記の行為を禁止します。
1) 他の会員、第三者もしくはmasterwebの権利を侵害する行為、若しくはその虞のある行為
2) 他の会員、第三者もしくはmasterwebに不利益又は損害を与える行為、若しくはその虞のある行為
3) 他の会員もしくは第三者の個人情報を他へ提供する行為、若しくはその虞のある行為
4) 他の会員、第三者又はmasterwebを誹謗中傷する行為、若しくはその虞のある行為
5) 法令、及び公序良俗に反する行為、若しくはその虞のある行為、又は公序良俗に反する情報を他の会員又は第三者に
提供する行為、若しくはその虞のある行為
6) インターネット上で、他の会員、第三者もしくはmasterwebが入力した情報を不正に改竄した場合
7) IPアドレス、アカウント、パスワード、及びドメイン名を不正に使用する行為
8) コンピューターウィルス等有害なプログラムを弊社サービスを通じて、若しくは弊社サービスに関連して使用し、
もしくは提供する行為
9) 弊社及びその他弊社が提供するサービスの運営を妨げる行為
10) 公職選挙法に違反する行為、若しくはその虞のある行為 11) 会員がmasterwebの承諾なく、masterwebサービスを利用して、
同様のサービスを第三者に再販売する行為
12) その他、masterwebが不適切と判断する行為 会員は前項各号のいずれかに該当する行為により、
他の会員もしくは第三者に対して損害を与えた場合は、自己の責任で解決するものとし、masterwebに損害を与えないものとします。


第6章 損害賠償


第19条(保証及び損害賠償の範囲)

masterwebはimasterwebサービスの内容、及び会員が当該サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、
確実性、有用性等いかなる保証も行いません。 masterwebサービスの全部又は一部がmasterwebの故意または
重大な過失により、全く利用できないために会員に損害が発生した場合は、当該利用不能時間が48時間以上継続したときに限り、masterwebは利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は切り捨て)に月額利用料金の30分の1を乗じて算出した額を
限度として、会員に現実に発生した損害の賠償請求に応じるものとします。 本規約に定める以外にmasterwebサービスを通じて
会員に不利益又は損害が発生した場合、当該損害等がmasterwebの故意または重大な過失を直接の原因として発生した場合に
限り、masterwebは会員が負担する利用料金の1年分を限度として、会員に現実に発生した損害の賠償請求に応じるものとします。

第20条(会員の損害賠償義務)

会員は、masterwebサービスの利用を通して行った一切の行為について、理由の如何を問わず一切の責任を負うものとし、masterweb、他の会員、若しくは第三者に損害を与えた場合は、損害賠償責任を負うものとします。 前項の場合、
会員は退会後においても損害賠償責任を免れない旨に同意するものとします。


第7章 その他


第21条(masterwebからの通知)

masterwebが必要と判断した場合、会員に対する必要な事項を随時通知します。 前項の通知をmasterwebのホームページ上で
行う場合は、通知をホームページに掲載後1週間で、電子メールにて行う場合は、masterwebが会員に対して
電子メールを発信したときをもって、会員に通知が到達したものとみなします。

第22条(譲渡の禁止)

会員はimasterwebの会員として有する権利を第三者に譲渡若しくは使用させたり、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第23条(協議)

i当該規則に関連して会員とmasterwebとの間で問題が生じた場合は、会員とmasterwebの間で誠意をもって協議するものとします。

第24条(準拠法及び管轄裁判所)

本規約の成立、効力、履行及び解釈等に関しては、日本国の法令が適用されるものとします。
masterwebサービスに関する訴訟は、富山地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

料金表の補足(料金規定補足)
  1. ペナルティ 各規定に反して当社のサービスを利用された場合、ペナルティとして当該料金の60ヵ月分を申し受けます。
    • 各種設定代行料金 お客様が弊社に対して各種作業を依頼される場合下記の料金を申し受けます。
    • パスワード再発行 3,000円 お客様の不手際によりパスワードなどを亡失された場合。
    • エイリアス設定代行 1,500円 ご自身で設定される場合は無料です。
    • メールアカウント追加設定 1,500円 ご自身で設定される場合は無料です。(初期設定は別途)
    • お客様指定のプログラムインストール 20,000円〜 APOPやその他、弊社サーバに実装していないものを
      ご要望の場合
    • SQL関係のカスタマイズ設定など 5,000円〜 お客様の状況に合わせてカスタマイズ設定が必要な場合。
    • JAVAサーブレット関係のカスタマイズ設定など 10,000円〜 お客様の状況に合わせてカスタマイズ設定が
      必要な場合。
    • 上記以外 お見積りの上 請求致します。
  2. 一旦受領した料金等について クーリングオフ期間を除き、一旦受領した金銭は返還いたしません。

Copyright(c)1999-2004 Masterweb.All Rights Reserved